♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Foggy/「Simple Gifts」

20070422160848.jpg

●Foggy/「Simple Gifts」 (1972年 英原盤LP York FYK 411)
SIDE-A
1.Simple Gifts
2.Baby Day
3.She's Fay Away
4.My Song
5.Let It Be
6.Madelaine
7.I Wann't Born To Follow

SIDE-B
1.Kitty Starr
2.Was It Only Yesterday
3.How Come The Sun
4.Nobody Knows
5.The Very First Time
6.Take Your Time
7.Old Moont Hall
8.Simple Gifts

『夢見るフォーキー・ポップ・デュオ』
FoggyはDanny ClarkとLennie Wesleyの英国Yorkshire出身のフォークデュオ。Foggy Dew-Oでデビューし2枚のアルバムを残した後(未聴です。地味なフォークアルバムだそうです)、Foggyと改名して発表したのが本作。Tony Hooperプロデュースで、Strawbsのメンバー(Hudson&Ford、Blue Weaver)が参加した英国フォークデュオの傑作。メロトロンが使われているので、その筋のファンにも有名です。

当初は、Tony Hooper&Dave Cousinsでプロデュース予定だったそうだが、Dave Cousinsに他の仕事が入ったため、Tony Hooperの単独になったそうです。で、このコンビと言えば、Paper Bubble/「Scenery」(1970年 Deram)が有名ですが、ドリーミーなフォーキーポップといったキーワードが、両者の共通項となっています。

さて、本作ですが、12弦ギター、オートハープ、プサルテリー、リコーダー、メロトロン(これがプログレファンにも人気がある要因のひとつ)、ピアノ、オルガン、シタール、タブラ、バンジョー、ペダルスティール、ベース、ドラムス等を導入したPOPなフォークロックサウンドがキラキラときらめき、実にドリーミーで、貴方を夢心地の世界に誘ってくれます。また、繊細で英国的な陰翳を感じられる部分もあるし、牧歌的な田園風景も想起させてくれるその佇まいは、英国フォーキーの名盤に相応しい内容です。

しかし、タイトル曲はトラッドで、それ以外の曲はすべてカバー。SSWファンにとっては、これがとっても痛いんです。所謂「人のフンドシで相撲をとっているモノ」なんです(笑)。SSWファンとしては、どうしても自作曲に目がいってしまうし、どんな素晴らしいメロディーを書いているのかに注目をしたいのですが、1曲もないというのはホント減点対象。だから、「超傑作」とは言いません。でも間違いなく「傑作」なんです。この世界は唯一無二のもので、なかなか作れないものでしょう。

ビートルズのカバーA-5.Let It Beが普通すぎて一番出来が悪いかな?バーズのカバーA-7.I Wann't Born To Follow(作ったのはもちろんゴフィン&キング)はドリーミーでなかなかの出来栄え。本人たちもシングルにしたかったというのも納得です。

ディランの次に英国フォーキー勢に影響を与えているのに非常に地味な存在のTom Paxton(すみません、僕もまともに聴いたことはありません)のカバー曲A-3.She's Fay Away(インド楽器を導入し幻想的で心地良いアシッド臭も魅力的な曲)とB-3.How Come The Sunはホント素晴らしいですね。もちろん他の曲も素敵なものばかり。

自作曲を採り入れた次作(未聴なのでネットや本の文章からの判断です)と次々作では、このような世界が描けなかったので、本作はホント突然変異。プロデューサーのTony Hooperの才能とStrawbsの面々の参加というのが、本作を傑作にした大きな要因だったのは事実なんでしょう。でも、楽器も演奏し、繊細で美しいヴォーカル、そしてハーモニーを聴かせてくれたのは彼らなんだから、「関わった者すべての才能やセンスが上手く噛み合って生まれた奇跡的な作品」だと言うべきでしょう。

原盤はレアなため高価です。でも、昨年、Danny Clark本人からライセンスを受けたヴィニールジャパンがCD化をしたので、未聴の方はCDで聴かれてみてはいかがでしょうか?聴き比べましたが、CDもリマスタリングがされていて結構音は良いと思います。しかし、中低域が豊かで温かみのある原盤の音を聴いちゃうと、どうしても原盤に軍配が上がってしまいます。
スポンサーサイト

Keef Hartley Band/「The Time Is Near」

4064230187.jpg

●Keef Hartley Band/「The Time Is Near」 (1970年 英原盤LP DERAM SML107)
SIDE-A
1. Morning Rain(MILLER ANDERSON) (TRIDENT 10.DEC.69)
2. From the Window(MILLER ANDERSON) (MORGAN 5.MAY.70)
3. The Time Is Near(MILLER ANDERSON) (MORGAN 22.APRIL.70)

SIDE-B
1. You Can't Take It with You(MILLER ANDERSON) (MORGAN 22.APRIL.70)
2. Premonition(DAVE CASWELL) (MORGAN 23.APRIL.70)
3. Another Time, Another Place(MILLER ANDERSON) (MORGAN 5.MAY.70)
4. Change(MILLER ANDERSON) (TRIDENT 3.DEC.69)

1969年録音メンバー
Miller Anderson - Lead Vocals, Acousic & Electric Guitars
Gary Thain - Bass Guitar
Keef Hartley - Drums, Percussion
Dell Roll - Percussion
Henry Lowther - Trumpet, Flugelhorn, Piano
Jimmy Jewell - Tenor Sax

1970年録音メンバー
Miller Anderson - Lead Vocals, Acousic & Electric Guitars
Gary Thain - Bass
Keef Hartley - Drums, Percussion
Dell Roll - Percussion
Stuart Wicks - Piano, Organ
Dave Caswell - Trumpet, Flugelhorn, Euphonium, Electric Piano
Lyle Jenkins - Tenor Sax, Baritone Sax

このアルバムは彼らの3rdアルバムで、代表作と言っていいでしょう。ファンキーなロックが好きな人にとっては次作「Overdog」が好みかも知れないけど、楽曲の素晴らしさで本作に軍配をあげたいです。傑作です。

歌入りナンバーの6曲は全てMILLER ANDERSONの作。彼のソングライティングとVo&ギターが、最高の輝きを放っているジャズテイストが加わったブルーズ・ロック・アルバム。彼はザ・バンドのファンということで、そんなルーツ・ロック的な雰囲気も感じられる内容です。

いきなりのテープ逆回転でビックリしますが、A-1は、陰翳と叙情性たっぷりのSSW的な雰囲気が漂うナンバー。彼らの作品としては異色作だがMILLER ANDERSONのソングライティングとHenry Lowtherのブラスアレンジが素晴らしいです。

A-2は軽快なR&Bナンバーで、ここでも彼は素晴らしい曲を書いています。A面のハイライトはA-3でしょう。10分を超えるブルーズ・ロック・ナンバーで、各人のソロパートもスリリングで、飽きることがなく、あっという間の10分間。かっこよすぎです。

で、B面はいきなりトップのB-1がハイライトナンバーでしょう。ビッグバンドを従えてのマーキーでのライブを収録した次々作「LITTLE BIG BAND」(これも傑作です)でトップを飾ったブルーズロックナンバー。これもかっこよすぎ。間奏でのジャズロックも魅力的だし、何度聴いてもシビレます。

B-2インストで、B-3はMILLER ANDERSONの弾き語り+Trumpetといったフォーキーナンバー。最後はHenry Lowtherの叙情性溢れるブラスアレンジが光るジャズロックナンバー。

リマスターCDで一発で好きになり、先日ヤフオクで英原盤をゲットしました。原盤には、レアな写真が満載の16Pの歌詞ブックレットが付いています。

Tam White/「Same」  

4704620386.jpg

●Tam White/「Same」  (1970年 英原盤LP Middle Earth Records MDLS 304)

彼のホームページを見ると、スコットランドのブルーズシンガーと自身を紹介しています。1942年7月12日エンジンバラ生まれ。

彼の喉はとても黒っぽく、現在ではブルーズ、ジャズサーキットで活躍しているのですが、今回紹介するアルバムは彼の1stアルバムで、本作には、ソウル、R&B、ブルーズ、フォーク、ポピュラー等々いろんなタイプの曲が収められていています。一言で言えば、Tam Whiteというブルーアイドソウルシンガーに焦点を当てた作品だと言えるでしょう。プロデュースとアレンジは、Mike Batt。

'I am a Rock' 、'Ruby Tuesday'、'Early Morning Rain'なんてカバー曲は、ストリングスをフューチャーした結構甘めのナンバーで、こういう路線では一般ウケを狙ったと思われます。ただこういった曲でも彼の黒い喉は存在感があります。

自作曲は4曲あり、その内の1曲でシングルにもなった'Lewis Carroll Tells Lies'は、端正で穏やかなフォークロックナンバーでなかなかの出来栄え。SSWファンも納得のナンバーでしょう。他にも本領発揮といったヴォーカルも演奏も黒っぽいロックナンバーもあって、最高にカッコイイです。

近年では、彼はBoz Burrell(ex-King Crimson) と共作したりアルバムを作ったり、一緒に活動していました。が、そのBoz Burrellは、昨年9月21日、Tam Whiteらとともにとあるパーティで演奏することになっていて、その準備をしていたところ、ギターを持って椅子に座った途端に倒れそのまま帰らぬ人となってしまいました。死因は心臓発作か心筋梗塞のようです。合掌

Boz BurrellとかMike Battとかという名前が出てくると聴いてみたいなあと思われる方もいるかと思いますが、残念ながら未CD化。Middle Earth Recordsというマニアックなレーベルのため海外では結構高価な値段が付いています。僕が所有するプライスガイドではなんと50£!! でも、日本国内ではもっと安価で買えると思います。3、4千円以内で出会ったら是非救ってあげて下さい。

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。