♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lanzon & Husband/ 「Nostalgia」

20070630092547.jpg

●Lanzon & Husband/ 「Nostalgia」 (1975年 英原盤LP Bradleys BRADL 1007)

ドノヴァンが1970年に発表したアルバム「Open Road」で演奏を担当したメンバーが中心となって結成された4人組みのフォークロックバンドが、オープン・ロード。本作は、そのメンバー2人(Simon Lanzon&Barry Husband)によるデュオアルバムで、1972年~74年にかけて録音した曲をまとめて1975年に発表したものです。オープン・ロードとしても、1971年にちょっと屈折したナイスでポップなフォークロックアルバム「Windy Daze」を発表しています。

基本的には、LanzonとHusbandが、ギター、キーボード、ベース、ドラムス等演奏のほとんどとヴォーカルを担当。ゲストは、Shawn Phillips(シタール)、Tony Reeves(ベース)、Steve Ashley(ホイッスル)が参加。アレンジとしては、ストリングスやブラスも導入しています。

本作は、オープン・ロードの「Windy Daze」以上に屈折しているというか、一筋縄ではいかない、ちょっとひねりの利いた英国ポップの傑作だと思います。「Windy Daze」はCSN&Yあたりからの影響が濃くて、そんなフォークロックを英国的ポップセンスで料理をしたような作品でしたが、本作はフォークロックと言うよりも、やはり英国ポップと言ったほうが、しっくりくるでしょう。

この2人の懐がホント深いんでしょうね、多くの引き出しと卓越したセンスを持っているからこそ、こんな英国ポップのショーケースのような素敵な作品が作れたのでしょう。美しいメロディーの曲も多いし、2人のハーモニーも抜群で、珠玉のポップチューン満載です。

フォークロック調もあれば、甘酸っぱい青春ポップもあるし、ヘヴィな曲もあったり、プログレっぽいところもあります。あと、サイケっぽいのもあるし、幻想的な曲やアシッドフォーク調(シタール入ってるしね)もあったりします。

2、3年前、Waterloo RecordsさんのMail Order Listに載った時は、抽選で敗れてしまい買えなかったんですが、今回僕のWantsに応えて、Waterloo Recordsさんが英国で探してきてくれました。皆さんも、Waterloo RecordsさんにWantsを出しましょう!きっと探し出して来てくれることでしょう、みなさんの探し物を。またまた素敵なコレクションが増えました。Waterloo Recordsさん、いつもありがとうございます!!

国内ではなかなか見掛けませんが(最近では国内通販サイトとヤフオクで2回見ただけ)、ジャケも内容も素敵な英国ポップの傑作ですので、遭遇したら即ゲットして下さい。

そうそう最後に想いつきましたが、僕の大好きなHUDSON-FORDの1stアルバムに、近い感じかな。どちらも素敵な英国ポップアルバムなのに、CD化されていないのが残念。
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。