♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unicorn/「Uphill All The Way」

uphill.jpg

●Unicorn/「Uphill All The Way」 (1971年 英原盤LP Transatlantic TRA 238)

Side-A
1.P.F. Sloan (J.Webb)
2.115 Bar Joy (Baker)
3.I've Loved Her So Long (N.Young)
4.Don't Ever Give Up Trying (Baker)
5.Country Road (J.Taylor)

Side-B
1.Something to Say (J.Cocker)
2.Ain't Got A Lot Of Future (Baker)
3.Never Going Back (J.Stewart) ※Lovin' Spoonfulのカバー
4.You, You, You Have (Baker)
5.Please Sing a Song for Us (G.Rafferty) ※Humblebumsのカバー

Personnel:
KEN BAKER gtr, vcls, keyb'ds   PAT MARTIN bs, vcls, mandolin
TREVOR MEE gtr, vcls, flute   PETER PERRIER drms, vcls

本作は、僕が以前主宰していたDJイベント「英国ナイト」で、初めてA-1を聴かせてもらい、それがとっても印象に残ったので(ジャケもインパクトが大きかった)、ネットや店頭で原盤を探し、海外通販でゲットしたアルバムなんです。

Unicornは、全員13歳の時、1963年に英国で結成されたピンク・ベアーズがその始まりで、ビリー・J・クレイマーのバッグバンド等を経て、1971年にデビュー。本作は彼らの1stアルバムになります。

カバー曲から見ても、本作はいわゆる「米国憧憬モノ」で、彼らはコーラスが印象的な英国フォーク・ロック・バンドです。ジャケに書いてありましたが、トラフィックとニール・ヤングに影響されているそうですが、一聴して感じるのは、コーラス重視だし、時代も時代なので、CSNやCSN&Yの影響が一番強いのでしょうね。

4曲あるBaker作のオリジナル曲は、叙情的で、しっとりしたメロディーラインが英国的。特にA-4は、フルートが入り、幻想的な英国の深い森に聴く者を誘ってくれます。

月並みな表現になってしまいますが、米国への憧憬の中に見え隠れする英国的なしっとり感や叙情性が魅力的な作品だと思います。カバー曲のセンスや出来は素晴らしいですし、デビュー作らしい瑞々しさも、本作の魅力を高めていると思います。

しかし、ニール・ヤングの1stアルバム収録曲「I've Loved Her So Long」をカバーしてしまうとは、ホントマニアックな選曲ですね。Humblebumsの「Please Sing a Song for Us」を採りあげるセンスも素敵です。

本作はCD化されていますので、簡単に聴くことは可能です。カバーセンスもよく、英国的過ぎる内容のものが苦手な人にも、これならストライクでしょう。
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。