♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John and Beverley Martyn/「Stormbringer」

john and
●John and Beverley Martyn/「Stormbringer」  (1970年 英原盤LP Island Records ILPS9113)
Side A
1.Go Out And Get It (John)
2.Can't Get The One I Want (Beverley)
3.Stormbringer ! (John)
4.Sweet Honesty (Beverley)
5.Woodstock (John)

Side B
1.John The Baptist (John)
2.The Ocean (Beverley)
3.Traffic-Light Lady (John)
4.Tomorrow Time (Beverley)
5.Would You Believe Me ? (John)

Produced by Joe Boyd.
PERSONNEL
John Martyn:Vocals, Acoustic & Electric Guitar
Beverley Martyn:Vocals, Acoustic Guitar
Paul Harris:Piano, Organ, Musical Direction, Arrangement
Levon Helm:Drums on tracks A4, B1
Harvey Brooks:Bass
Billy Mundi:Drums on track A1
Herbie Lovell:Drums on tracks A3, B5
John Simon:Harpsichord on track B4

このブログで紹介するには、John Martynはちょっとメジャーすぎるかなあ?と思ったんですが、英原盤LPをゲットしましたので、今回は名盤「Stormbringer」を紹介します。

彼は、1stがディラン的なフォークアルバムで、2ndがちょっとジャジーな雰囲気を加えたフォークアルバムで、そして本作が3作目になります。彼は1948年生まれ(グラスゴーの出身)ですから、本作を作ったのは21か22歳だった訳で、早熟と言うか、その才能にはビックリですね。しかも、この歳で既にBeverleyと結婚していた訳で二度ビックリです。

両面とも、John作の曲間に、Beverleyの作品が挟まれていて、そんなところにも若い夫婦の愛が表現されていると感じてしまうのは、ちょっと読みすぎでしょうか?でも、ホント曲の並びを見ていると、そんなことを感じちゃうんですよね。また、ジャケがとてつもなく美しく、ジャケを眺めているだけで、二人の愛情がこちらに伝わってきますよね。

あと、本作がウッドストック録音というのは有名な話です。彼らも米国に憧れ、米国での録音を選んだのでしょう。本作も所謂「イギリスのアメリカ」ものですね。米国音楽に憧れて作っているのに、でも出てくる音は、米国音楽になりきれていない英国音楽的な陰影に富んだ音。と言うことで、そっち系統が好きな方には堪らないアルバムだと思います。

A1.Go Out And Get It、本当に最高です。シビレマス!1曲目に相応しいJohn作の名曲。陰影、ほのかなアシッド臭が感じられ、メロディーも美しいフォークロックです。A2.Can't Get The One I WantはBeverley作の素晴らしいバラード。彼女声はホント美しいですね、とっても魅力的。

タイトル曲A3.Stormbringer !はピアノの調べがとても美しく、ここでも、陰影やほのかなアシッド臭がキーワード。A4.Sweet Honestyは、Beverley作のブルージーな長尺ナンバーで、これも味わい深い名曲。A面は、John作の小曲だけど印象に残るA5.Woodstockで終わります。

B1.John The BaptistはJohn作でピアノとコーラスが印象的なフォークロックナンバー。B2.The OceanはBeverley作のバラードで、幽玄な雰囲気が魅力的。B3.Traffic-Light LadyはJohn作のとっても美しい弾き語り曲で、彼らのデュエットが素晴らしく、儚い雰囲気やメロディーも格別です。

B4.Tomorrow TimeはBeverley作で、こちらも儚く美しい曲。彼女のヴォーカルに惹き込まれます。John Simonのハープシコードが効果的ですね。で、ラストはJohn作のB5.Would You Believe Me ?。浮遊感やアシッド臭、儚さや美しさが素晴らしく、これも名曲ですね。

と言うことで、捨て曲無しの大傑作だと思います。 
スポンサーサイト

Dave Evans/「Elephantasia」

280056909172.jpg
●Dave Evans/「Elephantasia」  (1972年 英原盤LP Village Thing VTS14)
Side A
1.Only Blue (Evans)
2.Elephantasia (Evans)
3.Lady Portia (Evans)
4.That's My Way (Evans)
5.On The Run (Evans)

Side B
1.St Agnes Park(Evans)
2.Beauty Queen(Evans)
3.Ten Ton Tasha (Evans)
4.Earth,Wind,Sun & Rain (Evans)
5.Take Me Easy (Evans)

本作は、凄腕ギターリスト兼SSW、Dave Evansの2ndアルバム。1stは、Village Thingらしい弾き語りに近い簡素なフォーク作品でしたが、本作には、ピアノ、パーカッション、エレキベース、ハーモニカが加わり、 華やかさや奥行きが少し加わっています。僕みたいな根がロックファンなら、間違いなく、本作でしょう。

彼のギターテクニックは凄いので、弾き語り曲でも単なる水墨画にならず、少し色が付いている感じがします。また、ギター演奏だけではなく、楽曲自体やヴォーカルにも、仄かのアシッド臭や浮遊感が感じられ、単なるフォーク作品に終わっていないところが、本作の魅力でしょうね。アシッドフォークの範疇に入れてしまう程ではないのですが、所謂普通のフォーク作品とは一線を画しています。

収録曲はすべて彼のペンによるもので、アレンジも本人が担当しています。A-2.Elephantasia(浮遊感が最高!)とB-2.Ten Ton Tashaはインスト曲ですが、他は全部歌ものとなっており、ギターは、もちろんのこと、彼のジェントルでまろやかなヴォーカルも魅力的です。また、彼自身が担当していると思われるコーラスが更に魅力度をアップさせています。

ピアノが全面に出てギターと絡むA-1.Only Blueは、ホント名曲だと思います。B-1.St Agnes ParkやB-2.Beauty Queenにもピアノが入っていて、まろやかさの中にもアシッド臭が少しだけ感じられ、何とも言えない特別な雰囲気が味わえます。

A-3.Lady Portia、A-4.That's My Way、B-4.Earth,Wind,Sun & Rain(叙情的なメロディーが素晴らしい)は弾き語り曲ですが、彼の素晴らしいギター演奏と彼のまろやかなヴォーカルが重なり、聴くものを英国の深い森へ誘ってくれます。すべてが素晴らしい出来ですが、特にA-3は名曲。

両サイドのラストを飾るA-5.On The RunとB-5.Take Me Easyですが、パーカッション、エレキベース、ハーモニカが加わり、ブルージーなロック的作品で、これはこれで魅力的。

Saffron Summerfield/「Fancy Meeting You Here!」

4782632219.jpg

●Saffron Summerfield/「Fancy Meeting You Here!」  (1978年 英原盤LP Mother Earth Records MUM 1202)
Side A
1.I won't stand up (Summerfield)
2.Lewis (Summerfield)
3.Passion for a child (Summerfield)
4.Taurus (Summerfield)

Side B
1.Eleanor Rigby (Lennon/McCartney)
2.September (Summerfield)
3.Fancy meeting you here (Summerfield)
4.Touching (Summerfield)
5.Pictures in a frame (Summerfield)

Produced by Saffron Summerfield and engineered by Curly Clayton

Saffron Summerfield vocals,acoustic six and twelve string and electric guitars, and harmonium. Alison Bailey cello. David Gaster violin. George Norris acoustic guitars and backing vocals. Laurie Rhodes electric bass guitar. Mick Rogan bongoes and recorder.

彼女は英国のSSWで、現在も現役。1st「Salisbury Plain」(1974年)と本作2nd(1978年:録音は1976年のようです)とのリマスター2on1CDが、発売されたのは2000年でしたが、僕がそのCDを購入したのは、3年後くらいと記憶しています。

今ではHMVでも買えるし、ユニオンあたりで普通に中古CDに遭遇しますが、当時はなかなか日本国内では流通していなかったので、買って聴いた時の感動は、今でも忘れません。

ジャケの好みでは、素朴で素敵な笑顔の1stなんですが、中身としては圧倒的に本作2ndに軍配が上がります、個人的には。で、いつか原盤が欲しいなあと思っていたところ、友人がヤフオクに出品していたのを、偶然終了間際に発見し、ストレート落札。CD持っているのに、またまた原盤LPを買ってしまいました。「大好きなアルバムは、原盤LPもCDも、両方欲しい!」の病気はもう治りませんね(苦笑)。

一般的にも言われてますが、1stはジャケの雰囲気通り、所謂フォークといった範疇の作品で、素朴で簡素な感じがして、それはそれで魅力的なんですが、やっぱり中身なら本作でしょう。

本作ももちろんフォーク作品なんですが、ロック的な感触、叙情性、都会的で大人の雰囲気、前衛性(Eleanor Rigbyのアレンジ)が加わり、1stに比べたらロックファンにも問題なく受け入れられることでしょう。

と書きながらも、本作で一番好きなナンバーは、B-2.September。1stに入っていてもおかしくないシンプルな弾き語りのフォークナンバーですが、歌の表現力も1stよりアップしてますし、
なんと言ってももう単純にメロディーが良いんです。何度聴いてもシビレマス。

A-1.I won't stand up、斬新なカバーB-1.Eleanor Rigby、タイトル曲のB-3.Fancy meeting you hereは、フォークと言うよりは、もうロックの範疇でしょうね。素晴らしい出来です。

Aの2~4、Bの4と5ですが、英国フォークらしい素敵な曲ばかりで、美しいし、キュートだし、素晴らしい出来です。特にA-4.Taurusの儚さと美しさは特筆モノです。

と言うことで、本作は捨て曲が無い見事なアルバムです。彼女のヴォーカルも、作る曲もとっても魅力的。大傑作!!

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。