♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fleetwood Mac/Then Play On

then.jpg
●Fleetwood Mac/Then Play On  (1969年 英原盤LP REPRISE RSLP 9000)
Side A:
1."Coming Your Way" (Danny Kirwan) – 3:47
2."Closing My Eyes" (Peter Green) – 4:50
3."Fighting for Madge" (Mick Fleetwood) – 2:45
4."When You Say" (Kirwan) – 4:22
5."Showbiz Blues" (Green) – 3:50
6."Underway" (Green) – 3:06
7."One Sunny Day" (Kirwan) – 3:12

Side B:
1."Although the Sun Is Shining" (Kirwan) – 2:31
2."Rattlesnake Shake" (Green) – 3:32
3."Without You" (Kirwan) – 4:34
4."Searching for Madge" (John McVie) – 6:56
5."My Dream" (Kirwan) – 3:30
6."Like Crying" (Kirwan) – 2:21
7."Before the Beginning" (Green) – 3:28

スタジオものとしては彼らの3枚目のアルバムになるのでしょうか、ブルーホライゾンからリプリーズに移籍して、そこでの1枚目のアルバムになります。シングル曲の”Oh Well”が売れた為、アメリカ盤では何曲かカットされ、”Oh Well”が収録されてますので、注意が必要です。

ブルーホライゾン期もブルース一色という訳ではありませんでしたが、基本的にはブルースロックでした。エルモア・ジェイムス・フリークのJeremy Spencerは、内側のジャケには写っておりますが、演奏には参加していないようです。よって、GreenとKirwanの双頭アルバムと言っていいのではないでしょうか(リズム隊陣が作ったブルースのインストもありますが)。特にKirwanのフォーク色が強く出ていて、Greenもブルース一辺倒ではないので、今までの作品とは趣が異なります。

Kirwan作の中では美しいA-4やB-1は、英国フォークファンにもツボ曲だと思います。また、B-5インスト曲からB-6フォークロック曲への流れも美しく、聴きものでしょう。A-1はラテン風味のブルースロックで、ブラックマジックウーマンのような曲。Kirwanが演ると、いい意味での軽さがあって、それがとても魅力的です。A-7とB-3もブルースで、前者はハードなブルースロック、後者はバラード、これらも聴き応えがあります。

Greenの代表作のひとつであるB-2は、ブルースロックにヘヴィネスを加えたような強力な名曲で、大好きな曲。B-7も渋みや深みのあるブルースでいい曲です。A-2は、アルバトロス(インストの彼らのヒット曲)に歌が加わったような曲で、この曲も素晴らしい出来だと思います。あと、A-5のカントリーブルースからA-6のインスト曲への繋がり、いい味出していると思います。

ネット上では、「Then Play Onでの最大の聴きものは、やはりOh Wellだろう」、なんて評論をよく見掛けますが、オリジナルのThen Play Onには収録されてませんから。もちろんOh Wellは超名曲ですが、Then Play On 収録曲ではないですから、お間違いのないようお願い致します。

しかし昨夜ebayで、この美品に£315の値が付いたのには驚いた!

スポンサーサイト

Paul Brett/Clocks

clocks.jpg

●Paul Brett/Clocks  (1974年 英原盤LP Bradleys BRADL 1004)

Side-A
1. Clocks (Brett/Piggott)
2. Soho Jack (Brett/Piggott/Griffiths)
3. Captain Dan (Brett)
4. Duellin' Banjo (from "Deliverance") (instrumental) (Jayne/Dillard/Dillard/Webb)
5. Empty Dreams/Flying Machines (Brett)
6. Rain From A Clear Sky (Brett/Stirling)
7. One Sunday Morning (Brett)

Side-B
1. Explanation Blues (Brett)
2. Circles (Brett)
3. Hunter Of Angels (Brett)
4. What You Mean To Me (Brett)
5. Summer Driftin' (Brett)
6. Snowbird (Brett)

PAUL BRETT - acoustic & electric guitars, vocals
MIKE PIGGOTT - violin, acoustic guitars
DAVE GRIFFITHS - mandolin, acoustic bass

LYLE HARPER / TERRY POOLE / PAT DONALDSON - electric bass
JIM TOOMAY / CHARLIE CHARLES JOHN RICHARDSON - percussion
ROB YOUNG - piano
NICK STERLING - cello

彼の1stソロアルバム自主制作の3rdは以前に紹介しましたが、2ndだけは紹介しておりませんでした。個人的には、2ndを一番先に入手し、その内容がよかったものですから、1stを探したといった経緯もあり、今回紹介する2ndもなかなかの佳作で、英国SSWファンなら絶対に気に入ってもらえるでしょう。

先日本作のCDを756円で遭遇し、思わず買ってしまいました。やはり、”好きなアルバムは原盤とCDの両方が欲しくなるの法則”は健在でした(笑)。

さて、内容ですが、1st同様哀愁があって繊細な英国的SSW作品と言えるでしょう。B-2のようなSageの3rdを想起させるようなバリバリエレキの入ったハードなナンバーもありますが、 基本的にはアコギとヴァイオリンとマンドリンを中心としたアコースティック・フォーク・ロック・ナンバーです。

本作の白眉は、A-3でしょう。シングルのB面曲にも選ばれた曲で、憂いがあって繊細なSSW的曲調は素晴らしい!の一言に尽きます。サビでのコーラスが効果的で、彼のヴォーカルや曲調と相俟って感動的ですらあります。この曲一曲のためだけに本作をゲットしてください!と言いたいくらいです。まさに傑作曲!

で、シングルのA面だったのはA-2。リンディスファーンがやっても似合いそうなポップなフォークロックナンバーで、こちらも最高です。他にも、A-5、A-7、B-1、B-4、B-5等、いい曲満載です。ちなみに、A-4とトップとラストは彼らしいインストナンバー。

去年ですかね、久し振りにヴォーカル入りのアルバムを出したそうですが、残念ながら僕は未聴です。一曲、Youtubeで見ることが出来ます。

ブルースを聴こう!!

1.jpg
2.jpg
3.jpg
15年位前ブルースにはまり2年間くらいはブルースのCDばかり買ってました。その後、確かラビリンスが出て、そっち方面にはまり、ブルース一辺倒の時代は終わりましたが、最近久し振りにブルースがマイブームになっています。

今回のブームでは、ebayで原盤を漁り、ユニオンで安レコを漁り、ブックオフで安CDを漁るって感じです。残念ながら日本ではブルースは人気がないですね。とても残念ですが、その分安く買えるので、逆に有難いと考えたいと思います。

最近買った写真のものですが、フッカーやバディはステレオですが一応Chess原盤だし、バスター・ブラウン(再発盤)とBBキング(最近のリマスター重量盤)以外も一応は原盤です。フルソンも日本盤ですが、日本でのライブでこれが原盤。 それなのに平均すると一枚あたり税込み501.46円、ホント安いです。

まだブルースに目覚めていないロックファンも多いと思います。ブルース、浴びるように聴いてみませんか?

綿内 克幸

英国産SSWやフォークロック、そしてブルーズやソウル、あとは、バーズとニール・ヤングとその周辺、やはりこの辺が一番好きで、原盤やCDを漁っているんですが、実は日本のアーティストでも好きな人がいるのです。

それは、綿内克幸

彼とは中学時代同じ学び舎で2年間を過ごしたのですが(彼は一個下)、当時は交流はありませんでした。5年位前MIXIで出逢い(再会かな)、交流を持つようになり、ライブにも出来る限り参戦しています。たまに音楽談義に花を咲かせながら飲んだりも。

彼の魅力は、彼流の美学があるところ。ミュージシャンって政治家と同じで(笑)、”ぶれない”って大切なんじゃないのかなあ。ぶれずに、自分のやりたい音楽をやり続けるって、やっぱり魅力ですよ。いい曲書くし、歌は上手いし、イケメンだし(笑)。

ここマイスペで彼の曲が試聴できます。まずは「希望の街」を聴いて、そのあとに「地図にない道」、次に「SeasonCycle」や「恋の5000マイル」を。まあ全部聴いてください(笑)。僕のブログに来て下さるような方には、「ペーパーバックの朝」をお奨めします。

聴いて魅力を感じた方は是非4月17日のライブへ、Go!!!

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。