♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Benny Gallagher Graham Lyle/「Gallagher & Lyle」

Gallagher  Lyle 「Same」
●Benny Gallagher Graham Lyle/「Gallagher & Lyle」  (1972年 英原盤LP Capitol ST21906)
Side A
1.Mrs.Canatellis
2.City And Suburban Blues
3.Caledonia Steam Packet Co.
4.To David Charlie And Ian
5..Broken Wings
6.Coat For The Spring

Side B
1.Great Australian Dream
2.Rock'n' Roll Hero
3.Greenfingers
4.Comfort And Joy
5.Of A Moment
6.Desiderata
Produced by Glyn Johns.

仕事のほうがちょっと忙しくて、以前のように長々とレヴューを書こうとすると、面倒になっちゃいまして、ずっと放置状態が続いてしまいました。最近はアメものやジャズ等もよく聴くんですが、英国モノは、やはり自分の中では特別なもの。今後は短めの文章で、継続を一番に考え、細々と続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

ずっと、アメリカ盤で聴いてきましたが、やっと英国オリジナル盤を購入しました。ジャケのアングルも違うし、曲数もアメ盤のほうが2曲少ないんです。英オリジで聴くと、以前にも増して素晴らしく感じるんですよね(笑)。

彼らは、所謂フォークデュオということになるうでしょうが、SSW的な佇まいもあって、僕みたいなフォークロック&SSWファンには堪らないデュオですね。

後期になるとポップ度やAOR度が増し、それはそれで魅力的なんですが、やはり彼らの魅力が詰まっているのは、この1stから4thまでということになるでしょう(ラストアルバムはかなり良いが)。

ほのかにポップで、ほのかに土臭くて、彼らの作るサウンドや歌からは、優しさや温かさが伝わってきます。英フォークロックの大大傑作&大大推薦盤!!

権利関係からか、本作だけ未CD化。英オリジはなかなか見掛けないし、あっても高いので、まずはアメ盤で実際に聴いてみてくださいね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/105-884bacd1

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。