♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sonny Condell/「Camouflage」

sonny condell
●Sonny Condell/「Camouflage」 (1977年 愛蘭原盤LP Mulligan LUN 010 )

A1.Camouflage
A2.MoonDust
A3.Red Sail
A4.Down In The City

B1.Movie To You
B2.Why Do we Fight?
B3.Leaders of Men
B4.Backwaterawhile

アイルランドのフォーク・デュオ、Tir Na Nogの片割れがSonny Condell。本作は多分彼の1stソロアルバムだと思います。Tir Na Nogのどこまでも繊細な世界とはちょっと違い、サウンドのほうはロックよりのバンドサウンドとなっており、一言で表現すると”アシッド臭のするフォークロック系SSW作品”ということになるでしょう。(←全然一言じゃないじゃん (^^; )

ただ、内省的なところも繊細さも十分に保たれており、ジャジーな部分もあったりして、そこにアシッド臭や浮遊感が加わることで、独自の幻想的な雰囲気を創り出しています。彼のヴォーカルも繊細で、雰囲気抜群です。楽曲もメロディアスで、良く出来ている為、とっても聴き応えのある魅力的な作品となっています。ジャケも魅力的で、内容そのままといった感じです。

彼はアイルランド出身で、本作もアイルランド録音なので、正確には”愛蘭の森”と表現するのが妥当なんでしょうが、本作は、”妖精の住む幻想的な英国の森の中に居るような錯覚を起こさせる音楽”、と言えば、伝わり易いでしょうか。

本作は、彼の魅力が詰まった素晴らしいアルバムです。なかなか店頭では見掛けませんが、価格は”あれば高くない”と思いますので、遭遇したら買ってみてください。このアシッド臭、繊細さ、幻想的&内省的な魅力を、是非是非ご堪能ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/113-a1fc6d52

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。