♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wizz Jones/「Magical Flight」

4753861866.jpg
●Wizz Jones/「Magical Flight」 (1977年 英原盤LP Plant Life PLR009)

SIDE-A
1. Pictures [Alan Tunbridge] (4:22)
2. Mississippi John [Wizz Jones] (1:59)
3. Old Fashioned Shotgun Wedding [Tucker Zimmerman] (4:28)
4. Song To Woody [Bob Dylan] (3:31)
5. The Topolino Song [Wizz Jones] (2:49)

SIDE-B
6. Magical Flight [Alan Tunbridge] (5:13)
7. The Valley [Derroll Adams] (5:12)
8. See How The Time Is Flying [Alan Tunbridge] (5:17)
9. Canned Music [Dan Hicks] (3:37)

Produced by Wizz Jones & Nigel Pegrum

Wizz Jones, vocals, acoustic guitar, 5-string banjo;
Maddy Prior, vocal [track 9];
Pete Berryman, acoustic guitar [tracks 1, 3, 5-6, 8-9];
Sandy Spencer, cello [tracks 1, 6, 8];
Brillo, double bass [track 5];
Bob Kerr, cornet, alto saxophone [track 9];
Rick Kemp, electric bass [tracks 1, 3, 8-9];
Nigel Pegrum, drums [tracks 1, 3, 8-9]

英国フォーク界の重鎮、Wizz Jonesのアルバム「Magical Flight」を紹介します。彼のアルバムもだいぶCD化されたので、簡単に耳にすることができるようになったのは、いいことだと思います。

僕は全部聴いた訳ではありませんが、彼のアルバム9枚聴いた中では、本作が自分の感性に一番ピッタリでした。スティーライスパンのメンバーがバックを務めた曲が結構あり、フォークロック的な要素が強いので、そんなところが自分に合っているのかと思います。僕にとっては、大大傑作アルバムです。

彼もスキッフルブームに影響され、ギターを手にしたわけですが、ルーツというべき音楽は、まずはブルーズで、英国では圧倒的な人気があった米ブルーズ歌手のビッグ・ビル・ブルーンジーに影響を受けたそうです(本格派ブルーズファンには人気がないけど)。あとは、一緒に欧州を演奏旅行したと米フォーク歌手ランブリング・ジャック・エリオットとデロール・アダムスの米フォークのようです。きっと、英国トラッドにも、影響を受けていることでしょう。

別にブルーズに影響されてるからと言っても、ブルーズ歌手のような歌を聞かせるわけではありません(まあ、ビッグ・ビル・ブルーンジー自身も、濃いブルーズ歌手ではないですし)。 彼の特長は、味わい深くて、豊潤で、まろやかで、美しいボーカル、そして、素晴らしいアコギのテクニック(デイヴィー・グレアムにも影響を受けているようです)とその音。

本作にはリズム隊がつく曲と、弾き語り曲(それに近い簡素なバックがつくものも)があり、どちらも味わい深い名曲揃いです。例によって、Alan Tunbridgeというオーストラリア在住英国人の友人が楽曲を提供しております。ちなみに「Alan Tunbridgeがいい曲を提供してくれるので、自分ではあまり曲を作る必要がない」とも彼は言っています。曲作りという観点からみても、彼にはSSWではなく、”英国フォークシンガー”という表現がピッタリだと思います。

親交のあったTucker Zimmermanのカバー「3. Old Fashioned Shotgun Wedding」が大のお気に入り。マディ・プライアとのデュエットが堪能できる「9. Canned Music」も好きだなあ。この味わい深さと言ったらホント凄い出来です。

celloの入る「1. Pictures」「6. Magical Flight」「8. See How The Time Is Flying 」の美しさには、もう感動するしかありません。豊潤な時間、夢心地な時間、そんな素敵な時間を過ごすことが出来ます。

ずっとCDで愛聴してきましたが、やっとeBayで原盤を、国内の店頭で出会う価格の2/3程度で落としました。しかも、サイン入り! 大好きなアルバムなので、この原盤は僕の大切な宝物です。
スポンサーサイト

コメント

おお!

ついに手に入れたのですね。自分は名古屋でお安く買った記憶。今は円高なのでeBayついつい覗いてしまいます。

ええなぁ~!

これは傑作アルバムですね!

まさにブリティッシュ・フォーク!


コメント、ありがとうございます

●まるちゃん

その話ずっと覚えていたので、国内のお店価格で買うのを控えてました。今回、歌詞カード付で美品でしたので、ちょっと頑張りました。

ebay覗いちゃうと、ついビッドしちゃいます。

●M本さん

やはりお好きですか!!ホント素晴らしいアルバムだと思います。CDも今では入手困難なので、残念ですが、もっと多くの方に聴いてもらいたいです。

はじめまして!

興味深く拝読しております。この分野奥が深く、大変勉強になります。
原盤羨ましいです。しかもサイン付とはまさにお宝ですね。自分はCDで愛聴してます。これからもよろしくお願いします。

コメント、ありがとうございます

ニッキーさん はじめまして

こんないい加減なブログなのに、ご覧頂きまして、ありがとうございます。m(_ _)m

メディアは、CDでもヴィニールでも関係ないと思います。その音楽自体を愛する気持ちが一番かと思います。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/128-9c3222e3

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。