♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miller Anderson/「Bright City」

Bright City Miller Anderson
●Miller Anderson/「Bright City」 (1971年 英原盤LP DERAM SDL 3)

SIDE-A
1.Alice Mercy (To Whom It May Concern)
2.The Age Of Progress
3.Nothing In This World
4.Bright City

SIDE-B
1.Grey Broken Morning
2.High Tide, High Water
3.Shadows' Cross My Wall

Miller Anderson : vocals,acoustic,electric guiters
Mick Weaver : keyboads,organ,piano,harpsicord,congas(Keef Hartley Band)
Peter Dines : organ,Keyboads(Keef Hartley Band)
Gary Thain : bass(Keef Hartley Band)
Eric Dillon : drums
Neil Hubbard : guiter on 'High Tide, High Water'
Lynn Dobson : frute
Neil Slaven : percussion
Harold Beckett : Flugelhorn
Madelin Bell,Tracey Miller,Liza Strike : backing vocals

ずっとCDで愛聴してきましたが、この度やっと英国原盤LPをゲットしました。やはり音が別物ですね。本作は、彼のアコギとキーボードの音色がポイントだと思うのですが、原盤のアコギの音や黒いヴォーカルの生々しさは、CDでは味わえないですね。

Miller Andersonは、Keef Hartley Bandのフロントマン(ヴォーカリスト、ギタリスト、コンポーザー)で、バンド脱退後に制作したのが本作。作曲能力に長けていた彼にとって、ソロ名義の作品を作ることは、必然だったのではないでしょうか。

本作は、SSW的な優しさや繊細さと、ブルーズロック的なヘヴィネスや力強さ、その両方を併せ持った傑作アルバムです。いい意味での煮え切れなさが持ち味で、そこが何とも英国的。ジャケを眺めながら聴いていると、更に英国度が増すといった秀逸なジャケ(ゲートフォールドでフルコーティング)も素晴らしい出来です。

ファンキーで黒いA3.Nothing In This Worldや、ブルージーでへヴィーなB2.High Tide, High WaterのようなKeef Hartley Band的な作品では、彼のソウルフルなヴォーカルが堪能でき、大変魅力的ですが、SSWファンが更に嬉しいのは残りの曲でしょうね。

A1は、”Alice Mercy”と”To Whom It May Concern”で構成されていて、前者は英国的なオルガンによるイントロと、これぞ英国的といったマイナー調のくすんだAメロが最高。サビではヘヴィーにかっこよくシャウトする曲構成もお見事です。後者は、弾き語りにLynn Dobsonのフルートが絡むフォーク作で、穏やかで美しい作品。ホント素晴らしい幕開けですね。

A2.The Age Of Progressは、サビの部分にゴスペル的な女性コーラスを配して、ルーツロック色濃い作品で、その英国的な土臭さがSSWファンの心を魅了することでしょう。

A面ラストのタイトル曲A4.Bright Cityは、弾き語り中心の簡素なバッグにストリングスが絡み、その美しいメロディーと彼の優しいヴォーカルが際立つちょっと幻想的なナンバー。これももちろん素晴らしい出来で、英国SSWファンも納得でしょう。

B1.Grey Broken Morningは洗練さやメロウさが感じられ、ストリングスも女性コーラスも甘めで、ソフトロック的な雰囲気も。Harold BeckettのFlugelhornも洗練されていて、ジャケの奥の方に見える都会的な作品です。これはこれで魅力的。

最後のB3.Shadows' Cross My Wallは、彼流アシッドフォーク。彼の弾き語りにフルートやパーカッション等が加わり、心地良いアシッド感が堪能できます。

本作の後に出され、実質彼の2枚目のソロアルバム的なヘムロックの1stアルバムを最高傑作と推す評論家もいますが、SSWファンには本作のほうに魅力を感じるのではないでしょうか?いろんなタイプの曲が入っているので、散漫だと言う人もいますがジャケと内容が噛み合った英国SSWものの傑作だと僕は思います。
スポンサーサイト

コメント

ぇぇぇー、英原盤ですか!
相当したんじゃないんですかぁ?
私なんぞは米アナログも入手できないでいるんですが…

はじめまして

>バッチグー太郎さん
コメント、ありがとうございます。

英原盤の価格ですが、さすがに4ケタとはいきませんでしたが、
御蔭様で、まあまあの価格でゲットできました。

米盤もなかなか見掛けないですよね。
僕もそうですので、無い物はCDで十分だと思います。

今後ともよろしく御願い致します。

ミラーアンダーソン!レコ棚チェックしたら英盤、国内キング盤の2枚出てきました。久しぶりに聴きましたが、やっぱいいですね。特に各面ラストがぐっときますね。今夜は、次はヘムロックにドッグソルジャー、捜せ出せたらデュークスまで聴き進める事にしますか!

いつもありがとうございます。

ニッキーさん こんばんは

国内盤もお持ちとは凄いですね。
確かに各面のラスト、いいですね。

ヘムロックはインチキCDを持ってるんですが、
CDの音質の問題なのか、僕的にはKHBの方が好みです。
ドックソルジャーもなかなかだと思います。

さすがにデュークスは、処分してしまいました。(^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/132-458d754d

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。