♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ricotti & Albuquerque/「First Wind」

Ricotti  Albuquerque  First Wind
●Ricotti & Albuquerque/「First Wind」 (1971年 英国原盤LP Pegasus PEG 2)

Side-A
1. Ratsa (Don't Know Why) (JOHN TAYLOR)
2. Lo And Behold (JAMES TAYLOR)
3. Go Out And Get It (MICHAEL de ALBUQUERQUE)
4. Don't You Believe Me? (MICHAEL de ALBUQUERQUE-JOHN TAYLOR)
5. New York Windy Day (MICHAEL de ALBUQUERQUE)

Side-B
1. Bobo's Party (M SATKA)
2. Didn't Wanna Have To Do It (JOHN SEBASTIAN)
3. Old Ben Houston (MICHAEL de ALBUQUERQUE)
4. The Wind Has No Love (MICHAEL de ALBUQUERQUE-C GLEADELL)
5. Give A Damn (SCHARF-DOROUGH)

Personnel:
MICHAEL de ALBUQUERQUE gtr, vcls, keyb'ds
FRANK RICOTTI perc    MICHAEL KEEN trumpet
CHRIS LAURENCE bs    HENRY LOWTHER trumpet
JOHN TAYLOR keyb'ds    TREVOR TOMKINS drms

後にELOのメンバーとなるSSWのMichael de Albuquerque(ベーシストとして、アルバム「II」から「Eldorado」まで参加:1972–1974)と、ヴィブラホーン奏者兼パーカッショニスト Frank Ricotti名義による唯一のアルバム。他のメンバーは、英ジャズ勢のつわもの達。

「SSW ミーツJazz (Rock)」とか「フォーキー歌モノJazz Rock」とでも言えば、未聴の方でもアルバムの雰囲気が掴めると思います。クールで洗練されたジャジーな雰囲気がとってもカッコイイです。また、プログレッシブな展開もあり、その辺りがプログレファンにも人気があるのでしょう。

A面1曲目から、いきなりのカッコよさ。フリーキーなイントロで始まり、その後はプログレッシブなジャズロック的な演奏にフォーキーな歌が絡み、そのユニークな音楽性は本当に素晴らしいと思います。もういきなり1曲目からハイライトですね、最高です!

A2はジェームズ・テイラーのカバー。曲調自体もそうなんですが、黒い女性コーラスを配して、
彼のヴォーカルもギターもちょっとブルージーで、とっても魅力的。A3、A4はフォーキーとジャズがクロスオーバーした曲で、このクールさが最高にカッコいいですね。A5はSSW色が濃く、ポップな曲調ということもあって親しみ易い曲。彼のSSWとしての魅力が伝わってきます。

B1は、フォーキー、ブルージー、ジャジーが絡み合った曲で、クールな黒さが最高。で、いよいよSSWファン注目のB2です。もちろんラヴィンスプーンフルのカバーで、とっても素敵です!ジャジーでフォーキーな感触は、”素敵”って表現が一番似合うと思います。素晴らしいカバーです。

B3はALBUQUERQUEの自作曲ですが、女性コーラスを配し、A2と同傾向の曲。B4もジャジーで洗練されたSSWモノって感じで、B2同様とっても素敵な曲。未聴の為、断言できませんが、
最後は多分The JohnstonsがやっていたBob Doroughの曲で、ラスト曲に相応しく、聴き応え十分な曲です。

残念ながら未CD化。僕も8年くらい前までは、CDしか購入していませんでしたが、その頃交流し始めた人達からの影響でアナログ購入を再開(再開と言っても、以前購入していた時は、原盤だとか英国盤だとかは全くの無頓着と言うか知識は0でしたが・・・ (^^; )。紙ジャケだとか、SHMだとか、今でもCDしか追っかけてなかったら、こういった傑作に出逢えなかった訳で、アナログ購入を再開して、ホント良かったなあと思う次第です。
スポンサーサイト

コメント

これは、最初あまり期待せずに聴いたんですが、ぐいぐい引き込まれていきましたね。
ペガサスレーベルって事もポイント高いですね!

いつもコメント、ありがとうございます。

お持ちなんですね!さすがでございます。
とっても英国的な素晴らしいアルバムだと思います。
レーベルもホント良いですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/137-10bd419d

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。