♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Colin Scot/「Same Title」

P1010256.jpg
●Colin Scot/「Same Title」 (1971年 英国原盤LP United Artists UAG29154)

Side-A
1. Do The Dance Now, Davey (Martin Hall)
2.My Rain (Colin Thistlethwaite)
3. Take Me Away (Colin Thistlethwaite)
4. Confusion (Uptight) (Colin Thistlethwaite)
5. Baby In My Lady (Mike Newbury)
6. Lead Us (Neil Innes)

Side-B
1. You’re Bound To Leave Me Now (Martin Hall)
2. The Boatman (Davy Johnstone)
3. Nite People (Colin Thistlethwaite)
4. Hey! Sandy (Harvey Andrews)
5. Here We Are In Progress (Martin Hall)

Colin Scotは、3枚のアルバムを残している英国のSSW。本作は1stあるばむで、僕はこれしか聴いたことがないので、何とも言えないのですが、本作に限っては、自作曲が11曲中たった4曲。純粋なSSWとは言えないかもしれませんね。

本作は、バックにRobert Fripp、Rick Wakeman、Jon Anderson、Peter Gabriel, Phil Collins, Van Der Graaf Generatorの面々、Brinsley Schwartz、Bob Andrews、Davy Johnstone等、当時のBritish Rockシーンを代表するようなアーティストが多数参加していることで有名ですが、プログレファンがゲスト陣目当てで買ってしまうと、ちょっとがっかりするでしょうね。だって、内容的には普通の英国SSW的作品なんですから。

英国ロックの深い森で、和久井大先生が、Colin Scotを酷評していたので長らく聴く気になれなかったのですが、CD化された本作の中古CDを買って聴いてみると、そんなに悪い作品かなあ?と思いました。聴く込むうちに愛着も湧いてきて、原盤LPを買った次第です。確かに傑作ではありませんが、”あの酷評はないよねえ”って感じです。

どこかで喜劇の俳優をやっていたという記事を読んだような記憶があります。根っからのSSWではないのでしょうが、自作の4曲はなかなかの出来だと思います。A1・3・6、B1・4・5あたりはSSW的な佇まいがなかなかいいと思います。英国SSWファン好きなら気に入ることでしょう。

A6はNeil Innesの作品なので曲自体素晴らしいということもあるかも知れませんが、彼のヴォーカルも魅力的だし、本作のハイライト曲でしょう。B4は、ニュージーランドではベスト10に入ったというHarvey Andrewsのヒット曲。A2やB1同様ポップ感が感じられ、とても親しみ易い内容です。

アメ盤LPであれば安価でその辺に転がってますし、CD化もされてますので、まずは聴いてみて下さい、絶対に悪い作品ではありません。逆に聴かないと、英国SSWファンは損だと思います。

大先生!そんなに酷評しないでね!
スポンサーサイト

コメント

僕も酷評するまではないと思います。豪華すぎる参加ミュージシャンにより、聴く前からかなりハードルが上がってる部分は差し引かないとね。
セカンドは全曲自作、エンジニアはトムニューマンです。多少力みすぎかの感はありますが、最終作ではこなれた雰囲気のボーカルがなかなか良いですよ。自作は3曲です。
残念ながら99年に亡くなってます。アランティラーが2000年のアルバムで追悼してます!

いつもコメント、ありがとうございます。

さすがニッキーさん!3枚全部持ってるんですね!
2ndと3rdは結構安く出会ってきましたが、
大先生の酷評で避けてきました(笑)。

力みすぎの歌い方、苦手なので、
3rdから聴いてみたいと思います。

どもーw

ありましたねー。私もジャケットに張られたステッカーの有名ミュージシャンに釣られて買った口ですよ。不安定なヴォーカルスタイルにちょっと最初聞いた頃はとまどいましたが、70年代初め頃の雰囲気をたっぷりを含んでますね。

フリップやウェイクマンら有名どころの他に、リンダ・ホイルやジェーン・レルフが参加していると言う点でも、何気に貴重な作品ですね。やはりジョン・アンソニー人脈なんでしょうね。

いつもありがとうございます。

やはり、プログレ関連からゲットされる方って多いんですね。

純粋なSSWものとしても、名盤なんて言えるような内容ではありませんが、人懐っこいちょっとした魅力があると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/138-d362274d

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。