♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PISCES/「SAME」

PISCES.jpg

●PISCES/「SAME」 (1971年 英国原盤LP Trailer LER2025)  

メンバー:Richard Digance , John O'Connor , Tim Greenwood

内容ですが、男性3人のハーモニーを生かした気品あるアコースティックな英国フォーク・ロック作品といった感じで、陰翳や湿っぽさといった感触が強いけど、どこか温かさや人懐っこさも感じてしまう、そんな感じがする作品です。英国フォークの魅力を存分に伝えてくれます。

全9曲中、以下が作曲の割合です。解散後のソロシンガーでの活躍を見てもわかるとおり、Richard Diganceが一番の才能の持ち主だったんでしょう。

Richard Digance:6曲、O'Connorとの共作1曲
John O'Connor:1曲、Diganceとの共作1曲
Tim Greenwood:1曲

だけど白眉は、John O'Connorが作り、彼がリードヴォーカルをとっているA-1でしょう。この曲を聴くためにだけにCDを買ってもいいでしょう。これぞまさに英国フォーク・ロックといった感じで、翳りのあるメロディー、ヴォーカル、そしてサウンドが最高です。

あと、Tim Greenwoodが作り、彼がリードヴォーカルをとっているA-4も名曲。他の作品とはちょっと感触が違って、少しアシッド臭を醸し出していて、そこがなんとも魅力的なんです。B面はRichard Diganceワールド全開で(全曲彼の作品と共作)、後のソロ活動に通じるような内容です。Digance作のB-5は感動的なバラードで、これも大好きな曲。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/19-6750f403

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。