♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Andrew Leigh/「Magician」

20070314205421.jpg

●Andrew Leigh/「Magician」 (1970年 英国原盤LP Polydor 2343 034)A
Magician
Get Myself Together
Goin' Out to the West
Solitaire
Windy Baker Street

Take Me Back
Leaving Song
Fresh Brown Eggs
Up the U.S.A.

Andrew Leighは、MATHEW'S SOUTHERN CONFORTとSOUTHERN CONFORTのベーシスト。このアルバムは、多分彼唯一のソロ作品。共同だがプロデュースも担当。あとは、ヴォーカル、ベース、リコーダー、アコギ、エレキギター、エレピ、メロトロン等々、ドラム以外の様々な楽器も担当。

両バンドでは、カントリーロックといった内容の米国への憧憬ものを演ってましたが、この作品はもっとロック寄りのSSW作品。それもそのはず、参加メンバーが凄い。英国ロックマニアが唸るような面々ばかりなんです。Blossom ToesのKevin WestlakeとBrian Godding。The ActionのReg king。The T-Bonesやソロアルバムで有名なGarry Farr。あと、Gordon Jackson, Bryn Hayward, Mike Kellie, Gary Wright。アルバムの雰囲気的には、アングラ臭がするReg kingのソロアルバムや、Garry Farrの1stソロアルバムに似ていると思います。

A-1からいきなりのアングラ臭を漂わせたヘヴィなロックサウンドで最高にカッコイイです。A-2はKevin Westlake作の美しいメロディーのバラードで、メロトロンが効果的。素晴らしい曲です。感動します。A-3と4はパブロック風。A-5はメロディーもサウンドも叙情性たっぷりのまさに英国的な曲で、これも最高。

B-1はロック的な曲で、これまたカッコイイ曲。B-2はちょっと幻想的。B-3はご機嫌なフォーキーなカントリー・ロック。で、凄いのがラストのB-4。ニール・ヤングの「Down By The River」を髣髴とさせるナンバー。へヴィーな曲調といい、長尺ナンバーといい、それを連想させます。

今まで悲しきアメ盤で愛聴してきましたが、ちょっと状態はよくありませんでしたが、やっと英原盤をゲットしました。ヤッタア!!大大大好きなアルバムなんです。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

前の記事に今更のように気が付きまして、お邪魔します。
そそられます。とてもそそられますw
でも、中古だと5千円前後でしょうか。
店によっては1万とか平気で付けているようで、ちょっと手が出ません。
Bryn Haworthが参加しているのがとても気になりますw
まだCDとかでは出てないのですよね?

コメント、ありがとうございます。

ちょっぷさん、毎度で~す!

残念ながら未CD化状態です。
僕も5千円くらいで買いましたが、
ebayではもの凄い価格に高騰してましたし、
ヤフオクでも5千円では難しいです。

しかし、アメ盤ですと、2千円くらいで
入手が可能だと思います。
素晴らしい内容ですので、お薦め盤です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/20-31844e71

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。