♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alexis Korner/「Same」

20070314211008.jpg

●Alexis Korner/「Same」 (1971年 英原盤LP RAK SRAK 501)


1. Black Woman (The Wild Ox Moan) (Hall/Tartt)
2. Frankie Diamond (D.Ward)
3. Clay House Inn (D.Ward)
4. Stump Blues (B.Broonzy)
5. You Can Make It Like You Want It To Be (J.P.Salvatori/Ward)
6. Gold (L.Power/J.P.Salvatori)

1. Saturday Sun (N.Drake)
2. I Don't Know (A.Korner/P.Thorup)
3. Am I My Brother's Keeper (A.Korner)
4. Stop Playing Games (A.Korner)
5. That's All (Trad.arr.A.Korner/J.P.Salvatori/Ward)

Alexis Kornerの有名なサイトの中で、このアルバムに対するひとくちコメントがありますが、「ちょっとPOPすぎ。評論家にも『彼の経歴で最悪のアルバム』 と言われた」という内容です。でも僕はそんなに悪くないと思うんですが。と言うか、僕の大好きなアルバムです。

ニック・ドレイクのSaturday Sunが採りあげられていてその印象が非常に強いし、実際SSW風味の曲もあるので、個人的には、彼の「SSW的アルバム」という印象が強いです。

確かにブルーズ色が薄いので、ブルーズ色を求めると肩透かしなんですが、彼ってもともとブルーズだけでなく、ジャズやR&Bやフォークや、いろんな音楽をごちゃ混ぜにしてやってきたわけですから、こういった少しPOPでSSW的佇まいの内容も、アリだとは思うんですが。僕のようなSSWファンなら、間違いなくツボだと思います。

しゃがれた渋~い声で歌われるSaturday Sunは、感動的な名カバーでしょう。アコースティックブルーズA-4や黒い自作曲B-2はかっこいいし、B-3,4の自作曲もなかなか聴かせてくれます。自作曲ではないのですが、A-3,5,6B-5のようなSSW的な雰囲気がホント魅力的だと思います。特にゴスペル風味のコーラスの入るスワンピーなバラードA-5なんてホント心に染みますよ。

プライスガイドを見ると、彼の原盤レコードは英国では結構な値段がついていて、このアルバムも僕の持っている2年前のプライスガイド本では、なんと80ポンド!の値がついていました。まあ彼の功績やその存在感を考えれば英国での人気は当然のことなんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/23-2e54f419

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。