♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tam White/「Same」  

4704620386.jpg

●Tam White/「Same」  (1970年 英原盤LP Middle Earth Records MDLS 304)

彼のホームページを見ると、スコットランドのブルーズシンガーと自身を紹介しています。1942年7月12日エンジンバラ生まれ。

彼の喉はとても黒っぽく、現在ではブルーズ、ジャズサーキットで活躍しているのですが、今回紹介するアルバムは彼の1stアルバムで、本作には、ソウル、R&B、ブルーズ、フォーク、ポピュラー等々いろんなタイプの曲が収められていています。一言で言えば、Tam Whiteというブルーアイドソウルシンガーに焦点を当てた作品だと言えるでしょう。プロデュースとアレンジは、Mike Batt。

'I am a Rock' 、'Ruby Tuesday'、'Early Morning Rain'なんてカバー曲は、ストリングスをフューチャーした結構甘めのナンバーで、こういう路線では一般ウケを狙ったと思われます。ただこういった曲でも彼の黒い喉は存在感があります。

自作曲は4曲あり、その内の1曲でシングルにもなった'Lewis Carroll Tells Lies'は、端正で穏やかなフォークロックナンバーでなかなかの出来栄え。SSWファンも納得のナンバーでしょう。他にも本領発揮といったヴォーカルも演奏も黒っぽいロックナンバーもあって、最高にカッコイイです。

近年では、彼はBoz Burrell(ex-King Crimson) と共作したりアルバムを作ったり、一緒に活動していました。が、そのBoz Burrellは、昨年9月21日、Tam Whiteらとともにとあるパーティで演奏することになっていて、その準備をしていたところ、ギターを持って椅子に座った途端に倒れそのまま帰らぬ人となってしまいました。死因は心臓発作か心筋梗塞のようです。合掌

Boz BurrellとかMike Battとかという名前が出てくると聴いてみたいなあと思われる方もいるかと思いますが、残念ながら未CD化。Middle Earth Recordsというマニアックなレーベルのため海外では結構高価な値段が付いています。僕が所有するプライスガイドではなんと50£!! でも、日本国内ではもっと安価で買えると思います。3、4千円以内で出会ったら是非救ってあげて下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/35-6eda5d1e

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。