♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paper Bubble/「Scenery」

20070711235923.jpg


●Paper Bubble/「Scenery」(1970年 英原盤LP Deram SML 1059)
SIDE-A
1. Fillin' a Gap
2. Being Human Being
3. She
4. I'm Laughing
5. Just an Actor
6. Energy

SIDE-B
1. Scenery
2. MM of LA
3. Silly Bit of Sentiment
4. Mother Mother Mother
5. Tomorrow Never Comes Likes a Silver Spoon

本作は、TERRY BRAKE (gtr, vcls)、BRIAN CRANE(gtr, vcls) 、NEIL MITCHELL(bs)の3人組英国フォークロックバンド唯一のアルバムで、StrawbsのメンバーTony HooperとDave Cousinsがプロデュースを担当。BRAKE&CRANEですべての楽曲を手掛けています。

ポップなハーモニー&コーラス、ポップでキャッチーな楽曲、笛や管や弦を使ったドリーミーでポップなアレンジが、とっても素敵なポップなフォークロック作品。

ソフトロックとかポップサイケファンあたりも喰い付くんでしょうが、牧歌的な雰囲気もあって、英国田園風景も見えてくるから、やっぱりフォークロック系が好きな人に合うように僕は感じます。だから僕にとってツボなんでしょうね。

A-1からぐいぐいと彼らのフォーキーポップワールドに惹きこまれていきます。ホント良い曲ばかりで、夢心地の気分に浸れます。で、そんな中にも、青春の儚さや甘酸っぱさ、そして切なさを感じさせてくれるところが、またまた琴線を刺激するんでしょうね。

サージェントペパー時のビートルズの遺伝子を感じさせるA-6.Energy、サイケロックのB-4. Mother Mother Mother、英国の森のような幻想的な雰囲気を漂わせるB-5.Tomorrow Never Comes Likes a Silver Spoonがアクセントになっていて、単なるポップなフォークロック作品になっていないところがミソでしょう。

数年前ヒューゴモンテスからCD化され、僕はそれで初めて聴きましたが、ヒューゴモンテス盤なんか持っていても僕は満足できないんです(苦笑)。昨年12月に念願の原盤LPをゲット!B面の傷が音に出ちゃうので、それがちょっと玉に瑕なんですが、入手困難なレア盤なのでそれでも僕の宝物です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/45-8f6a9c04

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。