♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michael Garrick Septet /「Black Marigolds」

51MTW8T87NL__SS500_.jpg

◎Michael Garrick Septet /「Black Marigolds」 (1968年 CD Vocalion CDSML8411)
1. Webster's Mood
2. Jazz for Five
3. Good Times
4. Spiders
5. Ursula
6. Jazz Nativity
7. Black Marigolds
8. What Are Little Girls?
9. Carolling
All compositions by Michael Garrick.

PLAYERS:
Michael Garrick (piano, harpsichord, celeste)   Ian Carr (trumpet, flügelhorn)
Joe Harriott (alto sax)  Don Rendell (tenor and soprano sax)
Tony Coe (tenor sax)  Dave Green (bass)
Trevor Tomkins (drums: septet)  Colin Barnes (drums, Poetry & Jazz: Trio)

本作は、英ジャズの名ピアニストMichael Garrickが、Ian Carr, Don Rendellなどと組んだセプテット(7人編成)の'68年の作品。ポエトリー・リーディングをフィーチュアした曲なんていうのが2曲もあり、他にもいろんなタイプの曲が収録されていて、ネットで調べてみると、結構な実験作のようでした。

最近は図書館でCDを借りてきてジャズも聴いていますが、このCDを買った時は本当のジャズも未聴だった時で、本作は「よし!まずは英ジャズから聴いてみよう!」と言うことで購入したCDでした。

まあ、こんなジャズ音痴なので、稚拙でいい加減なレビューしか書けませんが、僕みたいに、「英ジャズ、どれから聴いてみようかなあ?」なんて思っている人に、少しでもお役に立てればと思います。

で、何故このCDに決めたかと言いますと、ネット上の試聴で、1. 「Webster's Mood」 の哀愁たっぷりで叙情的なメロディーにTKOされたからなのです。 何度聴いても素晴らしいメロディーと演奏です。心に染みます。泣けます。感動します。超オススメの曲!!

ハードバップの3. 「Good Times」もお気に入りです。 あと、5. 「Ursula」も哀愁たっぷりで、素晴らしい出来。他人のブログからのパクリですが(苦笑)、「モーダルワルツ」と言うんだそうです。ホント美しい曲です。

ポエトリー・リーディングは、もちろん歌ではありませんが、インストものに慣れていない僕のような人にとっては、人の声が出てくることで親しみも増します。ジャズが流れる中、味のある声でポエトリー・リーディングが絡むと、なかなかこれがプログレッシブで良いんですよね。

ラストの9.「 Carolling」は、harpsichordの使用により、クラッシク的な雰囲気があって、ジャズとクラッシクとの融合といった感じでしょうか。美しくもあり、プログレッシブでもある魅力的な曲だと思います。

実験作とかプログレッシブとか書いてきましたが、とっても親しみ易い内容なので、英ジャズの取っ掛かりには最適なCDだと思います。いきなりフリージャズ的なものから入っちゃうと、僕のような歌モノ好きは、それで終わっちゃいますからね、要注意ですよ(笑)。
スポンサーサイト

コメント

以外な・・・

今回は以外なブツですね。

 このCD私も随分と前に聴いてどうもポエトリーちゅんかそこらがどうも苦手で手放した経験があるんですよ。
 今回のレビュー読ませてもらってこんなに良かったっけと思い日曜の朝から聴き直してみました。(実は当店HPにて販売中)
 
 1曲目は確かにオレは何聴いてたんやと自分が信じられないほどええ感じで鳴ってくれました。2曲目から入るしゃべくり前ほど気にはならないけど、やはり少し気になります。自分が求めているUKジャズ ロックにはロックが底辺にあって緊張感溢れる冷たい世界を求めてるみたいです。
 これがUKじゃなくってUSのジャズってんだったらまた違った聞き方もできたかも。

 なぁ~んてえらそうな事言っちゃって。
最近またJazz熱が再発してきてる自分なもんで意外なレビューに反応してしまいました。失礼しました。 (のり丸)

いつもありがとうございます。

RDMが復活なんですね。僕は総集編のしか持ってないので、新しく出るのは揃えたいと思います。’権威主義的なリスナーや一部のバカ音楽評論家をぶっとばせ!’って感じで頑張って欲しいと思います。

で、このCDですが、ジャズもジャズロックのことも、ちゃんとわかってないので、僕の感覚はずれているかも知れません(汗)。でも、ホントこのCDが一番ツボでした。1曲目と5曲目はホント良い曲だと思います。

http://www.waterloorec.com/
ここで販売中です。皆さん!1曲目を聴いてみて下さい!

私信:Wantsの件、もう少しお待ちください。m(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/55-59dd9c8f

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。