♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Duffy Power/「Innovations」

Duffy-Power-Innovations.jpg

●Duffy Power/「Innovations」  (1971年 英原盤LP TRANSATLANTIC TRA229 Mono)

A1 Rosie (02:03) (Trad.arr.Power)
A2 Leaving Blues (03:05) (Huddie Leadbetter)
A3 It's Funny (02:08) (J.McLaughlin/Power)
A4 God Bless The Child (04:15) (Holiday)
A5 Comin' Round No More (01:37) (D.Power)
A6 Give Me One (01:56) (D.Power)
A7 Mary Open The Door (03:37) (D.Power)

B1 Help Me (02:34) (K.Williams)
B2 Louisiana Blues (03:35) (Morganfield)
B3 Little Boy Blue (02:28) (D.Power)
B4 Exactly Like You (02:30) (D.Fields/J.McHugh)
B5 One Night (02:33) (Bartholomew/King)
B6 There You Go (02:28) (D.Power)
B7 Red White And Blue (02:16) (D.Power)

Produced by Duffy Power(vocal, guitar, harp).
Musicians:
  John McLaughlin, Jack Buruce, DannyThompson, Terry Cox,
  Colin Pincott, Phil Seamen, Red Reece

英ブルーズの大傑作アルバムです!!

Duffy Powerは、1941年ロンドン生まれのブルーズ・シンガー。ジョン・レノンに「マイ・フェイバリット・シンガー」と絶賛されたのは有名な話。で、本作は1965年に録音されましたが、実際に発表されたのは1971年。ブルーズブームも去った後ということで、ちょっと残念な話ですね。せめて、ブルーズロックブームの時に出ていたら・・・・・

参加ミュージシャン(これが凄い!!)を見れば一目瞭然ですが、英ブルーズの特徴そのまんまといった感じで、ブルーズとジャズがミクスチャーされたサウンド。そこに彼の黒いヴォーカルが絡んでくるわけですから、これはもうホント凄いんです!

A1、A2、A6、A7、B1、B5、B6、B7のようなブルーズやR&B曲では、彼の凄さが爆裂です。このかっこよさったら、尋常ではありません。彼の黒いヴォーカルと素晴らしい演奏が一体となったゴリゴリとしたモノラルサウンドは、もの凄い迫力です。シビレます。熱いです。最高!!

彼はデビュー時の50年代にはスタンダード歌手のようなシングルを残しているようですが(未聴)、A4はその名残が感じられるような曲で、弾き語り。まあ、よく言えば、ジャズ・シンガーかな。

あと、A5、B3のようなスピード感溢れるビートバンド風の曲なんかもあります。これらはもちろん素晴らしい出来で、超かっこいいです。B2はマディ・ウォーターズのカバーで、弾き語り。

A3とB4はちょっとジャジー&アシッド臭&ストレンジなバラード。こういった曲での歌唱も素晴らしいし、このような曲がアクセントになっていて、聴いている者を飽きさせません。

本国では原盤にそれなりの値段が付いていますが、日本では全然人気がなく、ユニオンではよく原盤が売れ残っています(1万円弱程度の値段が多いです)。CD、再発LP、どちらも簡単に入手できますので、是非是非ご賞味ください。CD化されたんで、もっともっと話題になって欲しいなあ、もっともっと騒がれて欲しいなあ。
スポンサーサイト

コメント

懐かしいです

バックが結構凄いですね。当時日本だと東芝あたりが彼のソロ作を出していたように記憶しています(うろ覚えですみません)。このアルバムは70年代末に手放してしまい、今は72年のEMI傘下GSFのボズ、M・ジャイルス、アレクシス・コーナーの参加したものだけ残してあります。ビートルズのアンソロジー映像でビートルズがデビュー前にダフィら英国の当時のアイドル歌手たちと巡業に廻っていたくだりがありましたが、その頃の下積み時代のツアー仲間として後年まで親交があったのでしょうね。

ちょっぷさんへ

いつもコメントありがとうございます。
時々、オークションで日本盤LPを見掛けます。

>72年のEMI傘下GSF

これはまだ未聴です。最近CD化されたので、中古で遭遇したら買っちゃうかもしれませんが(笑)、これも原盤でゲットしたいと思ってます。顔アップジャケのオリジナルと、1曲プラスした後発盤が確かあったと思います。

音楽雑誌や本でこのアルバムが紹介されたことは殆んどありませんが、今年の10月か11月頃に私が出版する予定の単行本「ヨーロッパ・ジャズ黄金時代」の中で紹介する予定です。
ただしダフィ・パワーとしてではなく、ジョン・マクラフリンの項で出て来るだけですが。

コメント、ありがとうございます

alan hoshino様

はじめまして。
単行本のご紹介、ありがとうございます。
ジャズは超ビギナーなので、
貴著書で勉強したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/61-7cc17424

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。