♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gothic Horizon/「Tomorrow's Another Day」

P1000263.jpg

●Gothic Horizon/「Tomorrow's Another Day」 (1972年 英原盤LP ARGO ZDA150)
A1. Thyme and Tied (Simmons)
A2. Sydney's Wharf (Simmons)
A3. Beverley's Song (Simmons)
A4. Baby, You Make the Sunshine (Desmond)
A5. Lament (Simmons)
A6. Sunny Day Parable (Desmond)

B1. Song No.1 (Simmons)
B2. Girl with Guitar (Simmons)
B3. If You Can Smile (Desmond)
B4. Jefferson James (Simmons)
B5. Thoughts (Desmond)
B6. Tomorrow's Another Day (Desmond)

本作は、アンディ・デズモンドとリチャード・ギャレットによる英国フォーク・デュオ:Gothic Horizonの2ndアルバム。メロトロンがフューチャーされた1stアルバムはドラムレスの、いわゆるドリーミー・フォーク系のもので、佳作でしたが、本作はそれ以上に素晴らしい内容です。

全曲ではないけれどドラムスを導入し、サウンドにメリハリがついて、ロック寄りのサウンドになりました。また、英国的な翳りのあるストリングスやブラス・セクションが取り入れられたことにより、ドラマティックで、豊潤なサウンドに変化したのも、大きな特徴でしょう。

本作で大活躍しているのは、アコギとハーモニカでA3に参加しているMike Simmons。7曲を作曲しており、印象に残る美しいメロディーは最高の出来。

ストリングスとブラス・セクションが印象的なA1は、ドラマティックで叙情的なフォークロック作品で、僕は一発でやられました。で、美しいメロディーと言ったら、A5とB1でしょう。前者はピアノだけの伴奏で、美しいメロディーが際立っています。後者は本作で僕が一番好きな曲。こちらもピアノが中心ですがリズム隊とストリングスがついています。叙情的で美しいメロディーは絶品です。

A2もドラマティックですが、ちょっとアシッド臭がする曲でとても魅力的。A3は繊細で牧歌的な英国フォーク。フルートの入ったA4のようなドリーミー・フォークは前作から踏襲されたものでしょうが、出来はこちらに軍配。A6はエレキギターが大々的にフューチャーされたフォークロック作品で、前半はアコースティックサウンドですが、後半は結構ドラマティック。

B2もカントリーフレイバーが感じられるドリーミー・フォーク。B3は彼等流のロックンロールとでも言いましょうか、B4は2人のヴォーカルの息がピッタリとあったしっとりフォーク。ストリングスを入れたドリーミー・フォークのB5は、ため息が出るほど美しい作品で、最後のB6は、その静と動が印象的な組み曲風の大作。

本作は激レア盤と言われますが、4、5回ユニオンで見掛けてますので、”激”を付けるほどではないでしょう。レア盤の中には内容が伴わないものも結構ありますが、本作は違います。僕が自信をもってオススメします。インチキCDですが、CD化されています。
スポンサーサイト

コメント

素晴らしいアルバムのようですね!!
聴いてみたいです。
昨日ガーデンシェッドでこのCDを見かけましたが、やはりHUGO-MONTES盤はインチキでしょうか?

ようこそ

信用金庫さん、コメント、ありがとうございます。
ユニオンでこの原盤を買う時に店員さんと話したんですが、やはり、ヒューゴモンテスはブートだと言っておりましたよ。まあ、それを売っているユニオンも問題ですが(笑)。

でも、まずは聴けるだけでもいいと思います。僕もヒューゴモンテス、たくさん持ってますし、まずは是非聴いてみて下さい。

それでは、今後ともよろしくお願いします。

なるほど、やはりヒューゴモンテスはブートですか。もう少し具体的にお聞きしてもよろしいですか?
オリジナルと比べて音はやはり良くないですか。
私は昔、サンフォレストを買ったことがあったのですが、盤おこしだったので、それっきり敬遠していました。ただ先日グラニーを見つけてしまって、どうしても聴きたかったので買ってしまいました。その時に一緒にウォーター・イントゥ・ワイン・バンドの1ST
も買いました。グラニーはオリジナルもプライベートプレスだし、音はこんなもんなのかなと思いましたが、ウォーターの方は試聴させてもらったらけっこう音が良かったのでびっくりしてしまいました。ヒューゴモンテスでもタイトルによってばらつきがあるということなんでしょうか?

どうなんでしょうか?

聞き比べるって事自体あまりしないので、どうなんでしょうか?ヒューゴモンテスのCDで、原盤買うまで楽しんできたし、今でもipodに落として楽しんでますよ。問題はないと思います、個人的な意見ですが。

サンフォレストのヒューゴモンテスCDは酷かったですよね。後に紙ジャケCDに買い直しましたが、それほど印象じは変わりませんでした(笑)。内容が良ければ、盤起こしでも、その良さはわかるような気がします。

ありがとうございました!!

>問題はないですか!それを聞いて安心しました。これからも日記読ませて頂きます。ありがとうございました!!

今後ともよろしくお願いします

正式なCD化ではないので、間違いなく盤起こしだと思いますが、僕は普通に楽しめたし、その音楽に感動しましたので、大丈夫だと思います。

月に3回くらいの更新ですが、今後ともよろしくお願いします。m(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/69-2edb6f55

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。