♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOUGIE MACLEAN/REAL ESTATE

20070314003419.jpg

●DOUGIE MACLEAN/REAL ESTATE 1988年(原盤:DUN008、輸入CD:DUNCD008)

1 Solid Ground
2 Restless Fool
3 Buffalo Jump
4 Garden Valley
5 The Emigrant
6 Green Grow the Rashes
7 Homeland
8 The Mhairi Bhan
9 Are Ye Sleepin' Maggie?
10 She Loves Me (when I try)

原のジャイアンツ愛より、DOUGIE MACLEANのスコットランド愛だ、絶対に!

僕のDOUGIE MACLEAN初体験は、このアルバム。ほとんどが弾き語りと簡素なバックがつく程度で、ホント地味で素朴なんだけど、味わいは格別。今現在、10タイトルくらいの音源を所有していますが(既に20タイトル以上の作品を発表してます)、僕はこの「REAL ESTATE」(LP、CD両方所有)と「CRAIGHIE DHU」が特にお気に入りなんです。

彼は1954年生まれ、スコットランド出身のトラッドをルーツとするSSW。トラッドも歌うけど、基本的には自作品を歌うSSW。トラッドより自作の歌を歌いたいなんていうのは、リチャード・トンプソンやサンディー・デニーにも通じるところでしょう。

楽器の腕も相当達者で、ギターやフィドル、キーボードやパーカッションも自分で演奏し、録音場所も彼のスタジオ、プロデュースも自身で(奥さんと共同、奥さんはジャケの絵も書いてます)という、手作りが基本のSSWなんです。このアルバムには、お父さんもバグパイプとナレーションで参加。

ちょっと鼻にかかった、そしてちょっと舌足らずな優しく美しい声、まずこれが僕のツボにはまるんです。彼が作るメロディーは、穏やかで、時には厳しく、そして寒いスコットランドの自然(写真でしか知らないけど)が想起されるような、そんな感じなんです。まさに聴いている者をスコットランドに誘ってくれます。

彼はスコットランドを本当に愛しているんですね。そして、人間的にもとても暖かくて、とてもいい人なんでしょう。real estateは、’不動産’という意味だけど、ここでは、’真の財産’’真の土地’といった感じで、多分スコットランドのことを歌ってるんだと思います。英語力があって、歌詞の内容がわかれば、もっともっと彼の音楽を理解できると思うのですが、残念ながらその英語力が・・・(苦笑)

彼はインスト曲も得意で、アルバムまるまる一枚がインストなんていうのもあります。このアルバムにもインストが1曲(5.THE EMIGRANT)入っていて、切ないメロディーを奏でる彼の弾くフィドルは感動的。

いい曲満載、捨て曲なしなので、好きな曲を挙げるとキリがありません。ホント全曲素晴らしいんです。なので、3曲だけ、1.SOLID GROUND、2.RESTLESS FOOL、6.GREEN GROW THE RASHES(これはトラッド、美しすぎます)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/7-34926146

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。