♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Idle Race/「Birthday Party 」

P1000307.jpg

●Idle Race/「Birthday Party」 (1968年 英原盤LP Liberty LBS 83132)
SideA
1. Skeleton & The Roundabout
2. Happy Birthday
3. The Birthday
4. I Like My Toys
5. The Morning Sunshine
6. Follow Me Follow
7. Sitting In My Tree

SideB
1. On With The Show
2. Lucky Man
3. Mrs Ward
4. Pie In The Sky
5. The Lady Who Said She Could Fly
6. The End Of The Road

ELO(大メジャーバンドなので説明不要でしょう)のリーダーであるジェフ・リンが、60年代に在籍していたバンドの1stアルバム。彼がロイ・ウッドの後釜として、ビートバンドのNightridersへ参加し、そのバンドが改名してIdle Raceになったとのことですが、ジェフ・リンが全13曲中11曲を作曲しているし、実質彼中心のバンドと見ていいでしょう。

時代的に見て、本作は内容もジャケも(Birthday Partyがコンセプトなんでしょうね)、”サージェント・ペパーズの遺伝子モノ”でしょう。ドロドロのハードサイケとは違い、本作はおもちゃ箱をひっくり返したような”ポップサイケもの”。これぞ英国ポップ!といった感じで、心ときめく様なワクワク感が味わえ、とっても素敵な作品です。

コンセプトアルバムと言っても、難しく考える必要は無く、バースデーパーティーを楽しむような気持ちで聴くのがいいと思います個人的に好きなのは、A-1・3・4・6、B-1・5・6。中でも叙情的なメロディーのA-3とB-5に感動しちゃいます。改めてですが、彼の書くメロディーは、ホント素晴らしいですね。

原盤は60年代の作品ということもあって、結構高いです。でも、大丈夫、CD化されていますので、簡単に聴けます。国内盤では最近紙ジャケCDも出ましたが、紙ジャケに高いお金払っても意味ないですよ(主観で恐縮です)。なので、手軽に安く買える輸入2CDをオススメしておきます。2ndアルバムと、ジェフ・リンが抜けた後の3rdアルバム、そしてシングル曲も入って、とってもお買い得です。

ちなみに、彼らの曲で僕が一番好きなのは、2ndシングルの「Impostors Of Life's Magazine」。彼らにしてはちょっとハードで、ビートの効いた曲だけど、超カッコいいんです。上の輸入2CDで是非どうぞ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/73-9b1d2922

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。