♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tony Head/「Heads To Win & Tales To Tell(THE TRAVELLER)」

12457.jpg

●Tony Head/「Heads To Win & Tales To Tell(THE TRAVELLER)」 (1972年 英原盤LP CBS 64572)

SideA
1.Takin' The Train
2.Thinking
3.Walking Along
4.Lovery Lady
5.Let Me See

SideB
1.Just For A While
2.Ain't Been Home In A Long Time
3.Strange
4.Out On The Road Again
5.Signing Off

甘酸っぱい青春が魅力的な英国的SSW作品!!

音楽ライター藤崎登氏のサイト「霧の英国ロック」で知り、そのレビューを読んでどうしても欲しくなってしまい、海外通販サイトで買ったアルバムです。

僕は英語の聞き取りが全く出来ないので(苦笑)、あくまでも直感的な話になっちゃいますが、”THE TRAVELLER”と副題がついているし、曲間に小曲(これがいい曲ばかりで、なかなか魅力的なんです)をナレーションの如く挟んでいたりしていて、多分、”旅人”について書かれたストーリー性のあるコンセプトアルバムなのかなあと思います。プロデュースとアレンジはRichard Hillで、全曲彼とTony Headとの共作になっています。

Tony Headは、Bryn Haworthの在籍していた頃の後期Fleur de Lysのリードシンガーだった人物で、ジェントルな声質は僕好み。この作品ではホーンセクションが実に魅力的に使われていて、A-1「Takin' The Train」やA-3「Walking Along」のように、ちょっとFleur de Lys的でグルーヴィーなノレル曲もあるけれど、基本的には叙情的なメロディーやアレンジが施された、しっとりとした英国SSW的な佇まいの作品で、”甘酸っぱい青春”が感じられるのがミソとなっています。

ストリングスやブラスを上手く使ったアレンジで夜明けを想起させるA-2「Thinking」はホント感動的で美しい曲だし、A-4「Lovery Lady」ではフルート(P Warleighとクレジットされてるけど、Ray Warleighことでしょうね、多分)が大活躍し、もう旅人が英国の深い森に入り込んだ様な曲になっていて、こういった雰囲気の英国SSWものが好きな人には、もう堪らないでしょうね。

B面では、B-1「Just For A While」も叙情的。うっとりするくらいの美しさで夢心地気分が堪能できます。B-3「Strange」では、ホーンセクションを全面に押し出したアレンジで、ほどほどの黒っぽさを持った軽快な曲。両面ともそうですが、こういったノレル曲があるので単調にならず、アルバム一枚をだれることなく楽しめます。あと、B-4「Out On The Road Again」もとってもいい曲で、これはソフトロックファンも魅了すようなストリングスアレンジになっています。

ネットで検索しても引っ掛からないし、多分今後もCD化は無理なのかなあと思います。ちょっと残念ですね。ホント多くの人に聴いて欲しい、これぞまさしく”英国SSWものの隠れた名盤”だと思います。アナログは激レアではないですし、高くもありません。でも、国内のレコ屋で遭遇したことはありませんので、海外通販でどうぞ。
スポンサーサイト

コメント

サイケなバンドだったフルール・デュリーが

ちょいとソウルっぽい方向へなびいた頃のヴォーカルさんでしたね。クリスやゴードンが唄っていた頃とガラっとバンドのイメージを変えましたよね。このアルバムは知りませんでした。参考になります。

コメント、ありがとうございます。

ちょっぷさん 毎度で~す!

>Fleur de Lys
CD持ってますが、例によってきき込み不足です(汗)

この作品、英国SSWものとしては、
結構良い出来だと思いますので、
高くならないうちに是非如何でしょうか?

ずーっと気になっていたので調べてみましたら

トニーさんは10年前に亡くなってたそうです。ハスケルの幼なじみで、フリップやジャイルズとも昔馴染みの方だったようですね。なんかそう思うと探してみたい気も起きてきましたw

そうなんですかあ。10年前と言ったらまだ若かったのに。残念ですね。
レコードは、出逢えば全然高くありません。ジャケボロでしたが、ユニオンで昔2千円もしなかったような記憶があります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/77-3f1fae58

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。