♪Clear Day♪の「英国音楽(60・70年代)が好きなんです」&「レコハン日記」

英国SSWやフォーク・ロックの原盤レビュー&レコハン日記中心のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don Rendell & Ian Carr/「Shades of Blue + Dusk Fire」

5195BidzQ9L__SS500_.jpg

◎Don Rendell & Ian Carr/「Shades of Blue + Dusk Fire」(1964年・1965年 輸入2CD)

ディスク:1 「Shades of Blue」
1. Blue Mosque
2. Latin Blue
3. Just Blue
4. Sailin'
5. Garrison 64
6. Blue Doom
7. Shades of Blue
8. Big City Strut

ディスク:2 「Dusk Fire」
1. Ruth
2. Tan Samfu
3. Jubal
4. Spooks
5. Prayer
6. Hot Rod
7. Dusk Fire


最近は図書館でジャズのCDを借りまくったり、安い中古CD買ったりで、ジャズばかり聴いているので、SSW系はネタ切れなんです(苦笑)。まあ、少しはネタもあるんですが、聴き込まないとレビューは書けないので、なかなか難しいのです。と言うことで、今回はCDでちょっとお茶を濁しておきます(笑)。

なぜ、ジャズかって言いますと、英ジャズロックを聴いてるうちに聴きたくなってきたんですよね。具体的には、Circus (メル・コリンズのね)の“セント・トーマス”がきっかけなんです。

ちなみにブルーズにも、10年以上前にはまったんですが、そのきっかけは、ブルーズブレイカーズの“オール・ユア・ラブ”でした。

で、今回の2CDですが、ずっと前から欲しくて欲しくてたまらなかったんですが、中古で安く出会えるのをずっと待ってたんです。待った甲斐があって、たったの945円で購入できました。

ジャズは、内容が語れるほど知識もヴォキャブラリーもないのですが、ディスク:1「Shades of Blue」の1曲目“Blue Mosque”には、完全にやられましたね。「Shades of Blue」は、ジャズ初心者の僕にもわかり易く、もちろん楽器の音色も素晴らしいんですが、印象に残るメロディーばかりで、ホント魅了されます。素晴らしい!!

ディスク:2「Dusk Fire」も素晴らしいと思うのですが、プログレファン向けと言うか、本格派って感じがして、どちらかというと上級者向けだと思います。こちらのほうが、より芸術的と言えるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://brynrab.blog10.fc2.com/tb.php/80-b1aa80d3

 | HOME | 

文字サイズの変更

アクセスカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

♪Clear Day♪

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。